デトロイト美術館展大西洋を渡ったヨーロッパの名画たち[モネ、ルノワール、ゴッホ、セザンヌ、マティス、ピカソ]




デトロイト市街

かつて富の象徴であった、その町が可能にした奇跡のコレクション。
傑作中の傑作が今、海をわたってやってくる。

まさにヨーロッパ近代絵画の「顔」というべき名画が集結。

モネ、ドガ、ルノワール、ゴッホ、ゴーギャン、セザンヌ、マティス、モディリアーニ、ピカソほか、まさにヨーロッパ近代絵画の「顔」ともいうべき巨匠たちの名画が一挙来日。

1885年に創立して以来、自動車業界の有力者らの資金援助を通じて、世界屈指のコレクションを誇る美術館として成長したデトロイト美術館。ゴッホやマティスの作品をアメリカの公共美術館として初めて購入したのもデトロイト美術館でした。
 
このデトロイト美術館は、2013年、デトロイト市の財政破綻を機に、市の財源確保を目的として所蔵品売却の可能性が取りざたされました。しかし、国内外からの協力、そしてデトロイト市民の声により、作品は1点も失われることなく市民の憩い・学びの場として存続しています。

危機を乗り越え、今なお美術館のコレクションの中核を成している印象派、ポスト印象派、20世紀のフランス、ドイツの数々の傑作の中から選りすぐりの全52点をご紹介します。

Detroit Institute of Arts
デトロイト美術館

フォード、クライスラー、ゼネラルモーターズといった自動車産業で発展した工業都市デトロイトに位置し、100を超えるギャラリーに、古代エジプト美術から現代美術まで6万5千点以上の作品を所蔵しています。

デトロイト美術館のコレクションは、全米でも上位6館に入る規模とされ、その所蔵品の多様性も美術館を特徴づけている要素です。アメリカ、ヨーロッパ、近現代美術、グラフィックアートのまばゆいまでの作品群に加え、アフリカ、アジア、オセアニア、イスラム、古代美術という分野でも重要な品々を誇っています。

1920 年に特別設計されたボザール イタリア ルネサンス様式の複合施設は、街の中で最も瀟洒な建物のひとつに入っており、広々としたホールの大理石の壁を装飾する見事なフレスコ画に目を奪われます。メキシコの画家ディエゴ・リベラがアメリカの労働風景を描いたこの絵は、その街の活気と、社会問題を表現した傑作として、美術館の中心に位置しています。

2015年、当巡回展の担当学芸員でもあったサルバドール・サロールト=ポンス氏がデトロイト美術館の館長に就任しました。

ヨーロッパギャラリーヨーロッパギャラリーヨーロッパギャラリー今回来日する作品の多くが展示されているヨーロッパギャラリーは 1400年~1900年代までの近代絵画の傑作が揃う。

ディエゴ・リベラ 『デトロイトの産業』ディエゴ・リベラ 『デトロイトの産業』
自動車をはじめとするデトロイトの代表的な産業が四方の壁に描かれている。
そのひとつには、当時の館長と、壁画の制作資金を用立てたエドセル・B・フォードの姿がある。

アンティークのソファやモダンな家具などに彩られた憩いの空間ギャラリーに囲まれた吹きぬけの空間にあるKresge court。アンティークのソファやモダンな家具などに彩られた憩いの空間。

City of DETROIT
デトロイト市

数多の名品が、海をわたってその街にやってきた。
全米有数の" 奇跡のコレクション"を誇る大都市デトロイトとは。


自動車産業で知られるデトロイトだが、実は、建築、芸術の街としても知られている。
ガーディアン ビルディング、デトロイトオペラ ハウス、デトロイト公共図書館、デトロイトのエッフェル塔とも言われるフィッシャー ビルディングは、見事なアールデコ様式の建物である。

デトロイト市街デトロイト市の対岸にあるカナダから観たデトロイト市街

20世紀後半のデトロイト産業の衰退の末、ついに2013年、財政破綻をしたデトロイトは、一時悲惨な様相を呈していたが、その後、街は復活のきざしをみせている。

ファッションやアートが注目を浴び、歴史的建造物は修復され、緑地、レストラン、カフェ、新しい市街地へと生まれ変わっている。

元ゼネラルモーターズの実験場だったビルを改装し、デトロイトのダウンタウンに工場を作った、時計・革製品を中心としたブランド「Shinola」。時計や自転車を手始めに、さまざまな消費者製品を完全に国内で作ることにより雇用の機会も増えた。

top